閉じる

会社運営に役立つ法令情報

【経営】

フェア・ディスクロージャー・ルールについて

2017年5月24日に公布された「金融商品取引法の一部を改正する法律」による金融商品取引法の改正により、上場企業に対して公平な情報開示を義務づける「フェア・ディスクロージャー・ルール」(FDルール)が導入され、FDルールのガイドライン(金融商品取引法第27条の36の規定に関する留意事項)が発表されました。
このFDルールの導入により、上場企業による情報開示ルールが整備・明確化されることで、上場会社による早期の情報開示を促進させ、投資家との対話を促進する意義があるとされています。
施行予定日は2018年4月1日です。

FDルールの概要(改正金融商品取引法第27条の36 第1項)>

上場会社等※1、上場投資法人等の資産運用会社、又はこれらの役員等が、その業務に関連して、取引関係者(金融商品取引業者等)に、当該上場会社等の未公表の重要情報の伝達を行う場合には、当該伝達と同時に、当該重要情報を公表しなければならない。

※1「上場会社等」の定義は、概ね、インサイダー取引規制の対象となる「上場会社等」の定義に準じて規定されています。

●取引関係者とは

@金融商品取引業者、登録金融機関、信用格付け業者若しくは投資法人その他の内閣府令で定める者又はこれらの役員等
A上場会社等の投資者に対する広報に係る業務(=IR業務)に関して重要情報の伝達を受け、当該重要情報に基づく投資判断に基づいて当該上場会社等の上場有価証券等に係る売買等を行う蓋然性の高い者として内閣府令で定める者

●重要情報とは

当該上場会社等の運営、業務又は財産に関する公表されていない重要な情報であって、投資家の投資判断に重要な影響を及ぼすもの

上場企業に対して最低限の管理が求められる情報は、「インサイダー取引規制の対象となる情報、及び決算情報(年度又は四半期の決算に係る確定的な財務情報)であって、有価証券の価額に重要な影響を与える情報」と規定されました。

●公表方法

EDINETによる法定開示のほか、自社ホームページに掲載等があります。また、会社の代表取締役・代表執行役・その委任を受けた者が、重要情報を所定の報道機関2社以上に対して公開してから12時間が経過したことによっても公表されたことになります。

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ [ 金融庁 ]
http://www.fsa.go.jp/news/29/syouken/20180206-2.pdf

ページTOPへ