閉じる

会社運営に役立つ法令情報

【労務】

健康保険料率・介護保険料率・雇用保険料率の改定

平成30年度の健康保険料率・介護保険料率・雇用保険料率が決定しました。
健康保険料率・介護保険料率は改定され、雇用保険料率は据え置きとなります。

●健康保険料率
平成30年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます。
*任意継続被保険者及び日雇特例被保険者の方は4月分(4月納付分)から変更となります。 ※40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)は、これに全国一律の介護保険料率(1.57%)が加わります。

●介護保険料率
協会けんぽの介護保険料率は、下記の通りです。
【一般被保険者】
平成30年3月分(5月1日納付期限分)から: 1.57%
【任意継続被保険者、日雇特例被保険者】
平成30年4月分から:1.57%

●雇用保険料率
平成30年度の雇用保険料率は、平成29年度から変更ありません。
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの雇用保険料率は下記の通りです。
【失業等給付の保険料率】
⇒労働者負担・事業主負担ともに3/1,000(農林水産・清酒製造の事業及び建設の事業は4/1,000
【雇用保険二事業の保険料率】(事業主のみ負担)
3/1,000(建設の事業は4/1,000です。)

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ [ 厚生労働省 ]
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000108634.html

ページTOPへ