閉じる

会社運営に役立つ法令情報

【経営】

国内BtoC-EC市場規模が16.5兆円に(前年比9.1%増)

経済産業省は、平成30年4月25日に、平成29年度における、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査結果の取りまとめを公表しました。平成29年の日本国内のBtoC-EC市場規模は16.5兆円(前年15.1兆円、前年比9.1%増)に成長し、国内CtoC-EC市場も拡大しています。

■ 調査結果の概要
1. 国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB)
2. 国内電子商取引市場規模(CtoC)
3. 世界の電子商取引(EC)市場
4. 日本・米国・中国の3か国間における越境電子商取引の市場規模

【1.国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB)】
  平成29年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、16.5兆円(前年15.1兆円、前年比9.1%増)に拡大しています。また、平成29年の日本国内のBtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模は317.2兆円(前年291.0兆円、前年比9.0%増)に拡大しています。
 物販分野における2017年のスマートフォン経由のBtoC-ECの市場規模は4,531億円増の3兆90億円(前年比17.7%増)となりました。これは物販のBtoC-EC市場規模8兆6,008億円の35.0%に相当する金額にあたります。

【BtoC-ECの市場規模およびEC化率の経年推移】

【スマートフォン経由の市場規模の直近3年間の推移】

【出典「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました 調査結果要旨」より抜粋】

【2.国内電子商取引市場規模(CtoC)】
 近年、ECチャネルの一つとして個人間EC(CtoC-EC)が急速に拡大しています。平成29年のネットオークション市場規模は、1兆1,200億円(前年1兆849億円、前年比3.2%増)であり、このうちCtoC部分は3,569億円(前年3,458億円、前年比3.2%増)でした。
  また、フリマアプリ市場規模は4,835億円(前年3,052億円、前年比58.4%増)に急増しており、フリマアプリが初めて登場した2012年から僅か5年で5,000億円弱の巨大市場が形成されたことになります。

【フリマアプリの推定市場規模(単位:億円)】


【3.世界の電子商取引(EC)市場】
 2017年の世界のBtoC電子商取引市場規模は2兆3,000億米ドルで、対前年比成長率は、2017年24.8%の伸びがあり2021年まで対前年比2桁成長が見込まれています。





【4.日本・米国・中国の3か国間における越境電子商取引の市場規模】
 平成29年において、日本・米国・中国の3か国間における越境ECの市場規模は、いずれの国の間でも増加しました。特に、中国消費者による日本事業者からの越境EC購入額は1兆2,978億円(前年1兆366億円、前年比25.2%増)、米国事業者からの越境EC購入額は1兆4,578億円(前年1兆1,371億円、前年比28.2%増)であり、中国消費者による越境EC購入額の拡大が目立っています。

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ [ 経済産業省 ]
http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001.html

ページTOPへ