閉じる

会社運営に役立つ法令情報

【経営】

子供人口、過去最低を更新 少子化に歯止めかからず

 総務省から、平成30年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口)の推計が公表されています(平成30年5月5日の「こどもの日」にあわせて公表)。これによると、子供の数は、前年比17万人減の1,553万人で37年連続の減少となり、総人口に占める子供の割合も前年比0.1ポイント減の12.3%と44年連続の低下となっています。比較可能なデータがある昭和25年以降、人数、割合とも過去最低を更新し、少子化に歯止めがかかっていない状況が明らかになっています。

■ こどもの数は1553万人、37年連続の減少
 平成30年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口。以下同じ。)は、前年に比べ17万人少ない1553万人で、昭和57年から37年連続の減少となり、過去最低となりました。
 男女別では、男子が795万人、女子が758万人となっており、男子が女子より37万人多く、女子100人に対する男子の数(人口性比)は104.9となっています。(表1)
【出典 総務省統計局 我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで-(「人口推計」から)より】  
 こどもの数を年齢3歳階級別にみると、12〜14歳が326万人(総人口に占める割合2.6%)、9〜11歳が323万人(同2.6%)、6〜8歳が313万人(同2.5%)、3〜5歳が298万人(同2.4%)、0〜2歳が293万人(同2.3%)となっています。(図1)
 これを中学生の年代(12〜14歳)、小学生の年代(6〜11歳)、未就学の乳幼児(0〜5歳)の三つの区分でみると、それぞれ326万人(同割合2.6%)、636万人(同5.0%)、590万人(同4.7%)となっています。(表2)
【出典 総務省統計局 我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで-(「人口推計」から)より】 ■ こどもの割合は12.3%、44年連続の低下
 こどもの割合(総人口に占めるこどもの割合。以下同じ。)は、昭和25年には総人口の3分の1を超えていましたが、第1次ベビーブーム期(22年〜24年)の後、出生児数の減少を反映して低下を続け、40年には総人口の約4分の1となりました。
 その後、昭和40年代後半には第2次ベビーブーム期(46年〜49年)の出生児数の増加によって僅かに上昇したものの、50年から再び低下を続け、平成9年には65歳以上人口の割合(15.7%)を下回って15.3%となり、30年は12.3%(前年比0.1ポイント低下)で過去最低となりました。
 なお、こどもの割合は、昭和50年から44年連続して低下しています。
 子供の数は、年齢層が低くなるほど少なくなっており、総務省では「出生数の低下が影響している」と分析しているようです。

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ [ 総務省統計局 ]
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi1090.html

ページTOPへ