閉じる

会社運営に役立つ法令情報

【税制】

スマホで確定申告ができるようになります(平成31年1月〜)

 平成31年1月から、つまり平成30年分の確定申告から、スマートフォン(以下、「スマホ」といいます。)からe-Taxを利用して確定申告書の作成・提出ができるようになり、スマホだけで確定申告を完結させることができます。

■スマホで確定申告するときの流れ
1. 作成コーナーへアクセス
2. 提出方法などを選択
3. 金額などを入力
4. e-Taxで送信
5. 申告書データを保存
<参考リーフレット>
・いつでもどこでもスマホで申告〜5つのステップで手続完結!〜
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/0018009-079.pdf

■e-Taxが使いやすくなります
e-Taxの送信方式について、「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の選択ができるようになります。
※スマやタブレット端末をお使いの方でe-Taxを行う場合は、「ID・パスワード方式」をご利用ください。

【マイナンバーカード方式】
マイナンバーカードとICカードリーダライタを利用してe-Taxを行う方法です。ご利用には、以下のものをご用意いただく必要があります。
・マイナンバーカード
マイナンバーカードの取得方法については、マイナンバーカード総合サイト(https://www.kojinbango-card.go.jp/)をご覧いただくか、住民票のある市区町村にお問い合わせください。
・ICカードリーダライタ
 ICカードリーダライタは、マイナンバーカードの電子証明書を読み込むために必要となるもので、家電販売店などで購入できます。
また、ICカードリーダライタの代わりに、マイナンバーカード対応のスマートフォンもご利用できます。
→ICカードリーダライタの対応機種や利用方法に関するご質問はこちら
 https://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html
→マイナンバーカード対応のスマートフォンの機種はこちら
 https://www.jpki.go.jp/prepare/pdf/nfclist.pdf
 
なお、ご利用には以下のパスワード等が必要です。
・e-Taxをご利用されたことがある方は、利用者識別番号と暗証番号
・マイナンバーカードを取得した際に市区町村の窓口等で設定した以下のパスワード
  (a) 利用者証明用電子証明書のパスワード(数字4桁)
  (b) 署名用電子証明書のパスワード(英数字6文字以上16文字以下)
  (C) (初めてマイナンバーカード方式を利用する場合のみ)券面事項入力補助用のパスワード(数字4桁)
※「マイナンバーカード方式」はパソコンをお使いの方のみご利用できます。

【ID・パスワード方式】
 「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたe-Tax用のID・パスワードを利用してe-Taxを行う方法です。マイナンバーカードとICカードリーダライタは不要です。
 「ID・パスワード方式の届出完了通知」の発行は、税務署で職員による本人確認が行われた上で発行されますので、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、お近くの税務署に行く必要があります。
なお、平成30年1月以降、確定申告会場などで既にID・パスワード方式の届出完了通知を受け取られた方は、平成31年1月から利用することができます。
※マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です。
※税理士の方が代理送信される場合は現行と同様の方式となります。

<参考リーフレット>
・平成31年1月からe-Taxの利用手続がより便利になります(平成30年4月)
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/kojin_e-tax_riyou2.pdf

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ [ 国税庁 ]
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/smart_shinkoku/index.htm

ページTOPへ