閉じる

会社運営に役立つ法令情報

【税制】

国税庁がチャットボットを試験導入

 国税庁は、税に関する疑問に答える新しい税務相談「チャットボット」の試験導入を1月15日から3月31日まで行っています。チャットボットは、「チャット(会話)」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、利用者が国税庁HPにあるチャットボットにアクセスし、知りたい情報について、メニューの選択又はフリーワード(話し言葉、キーワードなど)を入力すると、AI(人工知能)を活用して自動で回答を表示するシステム。曜日や時間に関係なく気軽に質問することができ、HPに掲載されている情報へより短時間でたどり着けるものです。パソコンのほか、スマートフォンやタブレットから国税庁ホームページのチャットボットにアクセスしていただくことで利用いただけます。

令和2年1月からの「試験導入」では、令和元年分の所得税の確定申告のうち、「医療費控除」や「住宅ローン控除」などの各種控除を中心に、給与収入や年金収入がある方の「よくある質問」にお答えします。具体的には、次のとおりです。

・給与所得、年金の所得に関すること
・確定申告の手続に関すること
・医療費控除、住宅ローン控除に関すること
・社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寄附金控除 (ふるさと納税)、雑損控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生控除、障害者控除、配偶者(特別)控除、 扶養控除、基礎控除に関すること
・スマートフォンでe-Tax送信する際の事前準備に関すること
 今後、相談事例を蓄積して、お答えする範囲を順次拡大していく予定です。

チャットボットには、次の2つの質問の方法があります。
@ メニューから選択して質問する。
A フリーワード(話し言葉、キーワードなど)を入力して質問する。
チャットボットの質問イメージ
(チャットボットの回答イメージ)
チャットボットの回答イメージ
 なお、今回の試験導入は、回答精度の向上等のために実施されていることもあり、質問の意図をAIが認識しない場合は表現を変えて再度入力する必要があったり、機能改善目的等のための利用履歴(入力された質問及び表示された回答)やアンケートの回答が必要な範囲で記録されます。

チャットボットは、試験導入で利用者からよせられた意見などから、より使いやすく改善したり、AI(人工知能)の学習を行うことで、回答の精度が向上していきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ [ 国税庁 ]
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-chatbot.htm

ページTOPへ